義足や義手における支給制度の問題

義足や義手を処方する立場になると、しばしば直面するのは補装具の支給制度の問題です。

 

義足や義手のパーツには高額なものがあります。例えば義足のコンピュータ膝継手や筋電義手などです。

代表的なコンピュータ膝継手にオットーボック社のC-Legというものがあり、これは意図しない瞬間に膝折れして転倒してしまうリスクを、大幅に軽減してくれる優れた膝継手です。全ての人にとってベストの選択肢とは言えないですが、多くの大腿切断者にとっては安心して生活を送れるようになる義足のパーツだと思います。

しかしこのC-Leg、価格が高いことが難点で、膝パーツだけで200万円ちょっと、大腿義足一本となると300万円近くしてしまいます。

筋電義手の場合、前腕切断者用の筋電義手なら生活や仕事の面で多くのユーザーの生活の質を高める完成度の高い補装具なため、広く普及が望まれます。

しかし、やはり価格が高く、本体だけで約150万円、製作費込みで義手1本となると色々込み込みで200万円くらいです。

 

なぜお金の問題が出てくるかというと、例えば東京都の場合、本義足は都の身体障害者福祉センターに行って判定を受け、支給してもらうパーツを決めてもらってから、区市町村に金額を補助してもらうという流れになっているからです。支給の可否を判断する主体は東京都や区市町村なのです。

東京都が義足や義手で高額パーツを支給できない理由はだいたい以下の通りです。

限られた福祉の財源の中で義足や義手の補助を行わなければならない。この財源は義足や義手を必要とする人以外にも脳卒中の装具や、車椅子などなど補装具を必要とする多くの人と分け合う形になる。そのため高額なパーツは、それがどうしてもないと生活できない人以外には支給できない。

たしかにコンピュータ制御の膝継手ではなく、古くからある機械式の膝継手でもリハビリを行えば歩けるようにはなります。最低限歩けるようになるための義足にはお金を出すけれども、より良く歩けるようになるための義足にまではお金は出せません、というスタンスのようです。

義足や義手のパーツは厚生労働省が認可したものから使うという原則があります。ややこしいのはC-Legや筋電義手厚生労働省に認可されたパーツだということです。認可されたパーツから選んでいるのに、公にはされていない、自治体独自の基準や懐事情で支給されたりされなかったりということが起こっているのです。東京都はC-Legを出してくれないけど、新潟県では手帳でもC-Legが出たという話もあったり。

 

厚生労働省はもう少し高額パーツの支給の基準をはっきりさせた方が良いと思います。現場は混乱しています。自治体レベルではなく、国レベルで統一した基準を作ってもらえると助かります。