これからの膝継手はコンピューター制御の時代

先日オットーボック社の協力を得てコンピューター制御の膝継手の勉強会を開きました。 具体的にはC-Leg4、Genium、低活動者用のKenevoの3種類についてです。大腿切断や股関節離断の方のためのパーツです。 コンピューター制御膝継手-オットーボック これら…

義手や義足における支給までの流れについて

義足や義手の”仮”と”本”の話は分かりにくいです。先日のエントリーでも触れました。 ytanaka207.hatenablog.com 仮義肢(義足・義手)と本義肢(義足・義手)の違いを押さえたところで、もう少し具体的に、病気や事故で手足を失くした時と労災事故で手足を失…

バリフレックスとトリトン

義足の足部。 左がオズール社のバリフレックスで、右がオットーボック社のトリトン。 どちらも高活動者向けですが、両者を履き比べると10人中10人がバリフレックスの方が良いと言います。 立脚初期から後期における後足部から前足部にかけての体重移動が、バ…

仮仮義足のソケット問題はBOAが解決してくれるかもしれない

仮仮義足のソケット問題について以下の記事で触れました。 ytanaka207.hatenablog.com 実は、この問題を解決してくれるかもしれないBOAという製品があります。 BOAを使った義足というのは既に米国では売られています(以下のリンクを参照)。 RevoFit Soluti…

仮仮義足のソケット問題

義足のリハビリテーション普及の妨げになっているのが、仮義足を作る前に必要になる”もう一つの義足”の問題です。うちの病院ではこの”もう一つの義足”のことを”仮仮義足”と呼んでいます。 なぜ仮仮義足が必要なのか。 切断になったら仮義足を1本作ってそれで…

仮義肢(仮義足・仮義手)とは

病棟での勉強会のために作ったスライドから。 よく誤解されるのですが、”仮”義肢(仮義足・仮義手)と言っても、出来上がる義肢は本義肢と変わりありません。 断端が成熟していく過程で作るので、作り直しは仮義肢完成後から半年〜1年が目安です。 上記の通…

義足のリハビリテーションが広まらない原因とその対策

一つには脳卒中など他の疾患に比べて、患者数が少ないことがあります。 昨今では下肢切断者の多くは糖尿病や閉塞性動脈硬化症など血管がボロボロになることが原因で切断に至ります。交通事故などの外傷で切断になる人のほうが少ないです。 高齢化社会に伴い…

標準的な義足リハビリテーションプログラムの確立を

最近取り組んでいるテーマです。 僕はできるだけ多くの切断者に、その方にとっての適切な義足を提供できるようにしたいと考えています。 僕が勤務している回復期リハビリテーション病棟では、おかげさまで常時5人〜10人の切断者の入院を受け入れ、義足のリハ…

Rotationplasty(ローテーションプラスティ)と術後の機能

Rotationplasty(ローテーションプラスティ)手術といえば、骨肉腫などの骨のガンの手術法の一つで、ガンに侵された大腿骨を切除して、残った足先を前後反対にして残った大腿骨と結合させるというものです。 SickKids: Teens who lost part of a leg to canc…

筋電義手 "bebionic(ビバイオニック)"

'Terminator' arm is world's most advanced prosthetic limb bebionic.com 多関節ハンドの筋電義手です。母指は健側を使って他動的に動かします。 三指つまみや指差し、マウスクリックなんかもできて、動きはi-limbに近いですね。 動作音はそれなりにします…

骨盤半截(はんせつ)なのか骨盤半裁(はんさい)なのか?

どちらも股関節離断です。 義肢装具のチェックポイント 第8版 右の図を狭義の股関節離断と呼びます。 では左の図は正確には何と呼ぶのか? 調べてみました。まあ、色々な呼び方があります。 整形外科用語集、リハ医学会用語集、義肢装具学会用語集からまとめ…

両肩離断の筋電義手

Amputee Makes History with APL’s Modular Prosthetic Limb ジョンズ・ホプキンス大学から。両肩離断者用筋電義手の動画です。 TMR(targeted muscle reinnervation)という神経を移行する手術を行って、筋電義手の操作性を高めています。 両肩離断者の義手…

義足(仮義足)のリハビリテーションに入院が必要な理由

義足のリハビリテーションにおける、入院リハビリテーションの目的は以下の3つです。 それぞれの患者さんにおける目標とする移動能力を獲得すること 断端の成熟を十分に促すこと 義足や断端の自己管理が可能になること これらの観点から義足(仮義足)のリハ…

義足や義手における支給制度の問題

義足や義手を処方する立場になると、しばしば直面するのは補装具の支給制度の問題です。 義足や義手のパーツには高額なものがあります。例えば義足のコンピュータ膝継手や筋電義手などです。 代表的なコンピュータ膝継手にオットーボック社のC-Legというもの…

筋電義手を使いこなすためにはリハビリが必要

*1 いずれの電動・筋電義手においても切断初期においては能動仮義手を用いたリハビリテーションを行うことを推奨する。 義手を使うことに慣れること、補助手としての義手の役割と使用法を学習すること、特に新鮮例では義手を使うことで断端の成熟を進める必…

肩電動義手の現状と課題

肩離断者においては上腕切断者以上に義手の定着率が悪い。 重量や、暑さなど装着時の不快感の影響がより強くなるからである。 そのため、肩離断者においては義手を使わない選択になりやすい。 しかし、両側の肩離断者であれば機能的な義手の必要性は高い。 …

上腕筋電義手の現状と課題

当院で現在処方している上腕筋電義手の多くはハイブリッド式である。 これはハンドの開閉を筋電位でコントロールし、肘関節は上腕能動義手と同じ機構、すなわちハーネスを利用した体内力源で操作する。 ハーネスは肘継手の操作と上腕筋電義手を懸垂するため…

前腕筋電義手の現状

前腕筋電義手はハーネスが不要で上肢の位置によらずハンドを開閉できるため、前腕能動義手に比べて使用者のメリットは大きい。 実際に当院における処方後の調査においても前腕筋電義手は1週間で平均6.7日、1日10.2時間の使用頻度で、平均中止率は0%であっ…